パートタイム支援 新館

パートタイム・就活を支援するサイトです。

英語

ビジネスでよく使うカタカナ用語一覧

投稿日:


 
 

スポンサーリンク


カタカナ語 英語 ビジネスでの意味
アサイン assign 任命する、割り当てる、指定する
「今度のプロジェクトに君をアサインするから」
アジェンダ agenda 議題、議事日程、行動計画、日程表
「今日の会議のアジェンダは何だったけ」
アテンド attend 世話をする、接待する、案内する
「お客様のアテンドは君にまかすから」
イシュー issue 論点、課題、問題点
「もっとイシューを特定しないとだめだよ!」
イニシアチブ initiative 主導権
「この件に関しては君がイニシアチブをとってね」
インセンティブ incentive やる気や意欲を引き出すための刺激や報奨金
「来期より我が社はインセンティブ制度を導入する予定です」
エージェント agent 代理人、仲介人
「その件はエージェントを通してください」
エビデンス evidence 証拠
「契約書はエビデンスになるから取り忘れないでよ」
オブザーバー observer 立会人
「こちらがオブザーバーの山田さんです」
オンスケ on schedule オン・スケジュールの略、作業や計画が
スケジュール通りに進んでいる
「今回のプロジェクトはオンスケです」
コンセンサス consensus 複数人の意見の一致や合意
「今日の会議はコンセンサス方式で行います」
サマる summary+する 要約する、まとめる
summary=要約
「この前の議事録をサマっといて」
シュリンク shrink 縮小する、減る、データを圧縮する
「○○業界のマーケットがシュリンクしている」
スキーム scheme 計画を伴う枠組み、枠組みを持つ計画
ビジネススキーム=商品開発や設計、マーケッティングや営業といった戦略を含めた全体的な枠組み。
スキームは本来「企て」「陰謀」といった意味があるので注意。
ストラテジー strategy 長期的戦略、経営戦略
タクティクス(tactics)=戦術
ストラテジーがないからいつも失敗するんだよ」
ゼロベース zero base 物事を最初からやりなおすこと
ゼロベース思考=先入観にとらわれることなく問題点を考えるための姿勢
「予算編成をゼロベースで見直すつもりだ」
ソリューション solution 解決策
「我が社は様々なソリューションを提供しています」
バジェット budget 予算、経費、低予算の
トラベルバジェット=旅行の予算
バジェットトラベル=低予算の旅行
パラレル parallel 同時進行、平行、並列
「両方の案件をパラレルに進めましょう」
「両方の案件をパラで進めて!」
パワーランチ power lunch 昼ご飯を食べながら行う会議やミーティング
「明日のミーティングはパワーランチだって」
フィックス fix 最終決定
「これをフィックス事項とします」
プライオリティ priority 優先順位、優先権
プライオリティの高い順に処理をしてね」
プレゼンス presence 存在、存在感
「○○国の軍事(経済・政治)プレゼンスが高まっている」
「今日の会議、部長のプレゼンスがあってよかったです」
(注)プレゼンスには相手を揶揄(やゆ)する意味合いがある。
ベンダー vendor 販売者、売り手
製造者=メーカー
消費者=ユーザー
ベンダーマシン=自動販売機
ベンチマーキング benchmarking 優良な他社のやり方・手法を手本し
自社の経営を改善していく手法
ベンチャー venture 革新的な
ベンチャー企業=革新的なアイディアや技術をもとに、新しい形態のビジネスを展開する中・小企業。
ベンチャーキャピタル=ベンチャー企業に対してハイリターンをねらった投資を行う投資ファンド(投資会社)
ペンディング pending 保留、先送り
「その件はベンディングしようよ」
マーチャンダイジング merchandising 消費者に商品を買ってもらうための戦略
消費者が要求する「適正な商品」を「適正な時期」に「適正な場所」「適正な量」「適正な価格」で提供するための活動。
マター matter 担当者
「その件は山田さんマターです」
「その件は営業部長マターです」
「忘年会の幹事は山田マターでよろしく」
リードタイム lead time 所要時間
開発リードタイム=企画・立案に必要な期間
調達リードタイム=部品などの調達に必要な時間
生産リードタイム=製造開始から完了までに必要な時間
配送リードタイム=製品を納品するまでに必要な時間
発注リードタイム=発注してから納品されるまでの所要時間
リテラシー literacy 情報を正しく理解・分析し活用する能力
「君はコンピューターリテラシーが高いねぇ」

 
 
 

スポンサーリンク


 
 

2018年注目のカタカナ語「アンリトンルール」

アンリトンルール(unwritten rules):不文律、暗黙の了解

2018年、夏の甲子園で、創志学園(岡山)の投手が、マウンドで必要以上にガッツポーズをしてしまったため、審判から注意されるという事態が起こった。

相手打者に配慮し、打者に背を向けてガッツポーズをとるのは、ごく普通になってきているが、創志学園の投手は、大きなガッツポーズをして雄叫びを上げたのが球審の不興を買ったようだ。

ビデオで確認すると、創志学園の投手は、ホームに向かって天を仰いでいで叫んでいる。


スポニチが、球審が注意したことについて、日本高校野球連盟(高野連)に取材している。

それによると・・・

 日本高校野球連盟(高野連)の竹中雅彦事務局長は「大会本部からは何も言っていない。審判独自の判断で注意したのでしょう」と話した。
 そして「全国大会の甲子園でやるのはどうか……。アンリトゥン・ルールというのもありますしね。国際大会ではやってはいけない行為」と付け加えた。

ルールブックには、「ガッツポーズ禁止」とは書かれていないが、不文律・暗黙の了解で、やってはいけない行為ということだ。
 
アンリトンルール、上司が使いそうだなぁ。
 
 

スポンサーリンク

-英語

関連記事

関連記事はありませんでした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。