パートタイム支援 新館

パートタイム・アルバイト・就活を支援するサイトです。

算数・数学 一般常識

【算数】就職試験の一般常識「和差算」練習問題

投稿日:2019年5月12日 更新日:

和差算は、大小2つの数量などの和と差から、それぞれの元の数量を求める問題です。

中学受験を経験した方にとっては、和差算は聞き慣れた名前で簡単に解けると思います。

中学受験のために塾に通っていなかった方にとっては、「和差算って何?」ということもあるでしょう。

しかし、和差算という名前で教わっていないだけで、通常、小学3年生で習っています。

ただ、小学校の先生の指導や教科書にもよりますが、時間をさいて「和差算」だけを取り上げて教わることはありません。他の「○○算」も同様です。

和差算の解き方は、つるかめ算や年齢算など、○○算の基本となっていますので、しっかりマスターしておきましょう。
 
 
高校生は、1番~6番の問題ができればOK。

一部、問題の差し替えと解答の間違いを訂正しました。
見直したら解答がむちゃくちゃでした。m(. .)m

 




 

【算数】就職試験の一般常識「和差算」練習問題

1.大小2つの数がある。その和は100で、差は20である。大の数はいくらか。

2.大小2つの数がある。2数の平均は120で、差は60である。小の数はいくらか。

3.大小2つの数がある。その和の半分は240で、その差の5倍は150である。大の数はいくらか。

4.1000円をA君の方がB君より100円多くなるように分けたい。A君がもらえる金額はいくらか。

5.兄と弟の持っているお金を合わせると2000円である。2人のお金の合計から2人のお金の差を引くと1600円になるという。兄が弟より多く持っているとすると、兄の持っているお金はいくらか。

6.姉と妹の持っているお金を合わせると1860円である。もし、姉が妹に200円あげると、2人の持っているお金は同じになる。姉がはじめに持っていたお金はいくらか。

7.大中小3つの数がある。3つの数の合計は460で、大は中と小の和より60大きい。中と小の差は30である。中の数はいくらか。

8.みかんより40円高いりんごがある。りんご5個とみかん5個を買うと700円である。りんご1個の値段はいくらか。

9.ABC3つの数がある。3つの数の合計は460で、AからBを引くと30になり、AからCを引くと50になる。Cの数はいくらか。

10.兄と弟が同じ場所から反対方向に歩くと、5分間で2人の間の距離は650mになる。また、、同じ方向に歩くと20分間で200mの差がつくという。兄が弟より速く歩くとすると、兄は分速何メートルで歩いているのか。
 

プリント(PDFファイル)はこちら>>>wasazan.pdf
 

スポンサーリンク


 

就職試験の一般常識「和差算」練習問題の解答

≫ 練習問題の解答を見る

1.60 2.90 3.255 4.550円 5.1200円
6.1130円 7.115 8.90円 9.130 10.70m
 
  
1.小に20を足せば大と小は同じ数になります。

(100+20)÷2=60
大きい方の数を答えるときは
(和+差)÷2=大
 
 
2.大から30を引けば大と小は同じ数になります。
この問題の場合、和は120×2=240です。

120×2=240
(240-60)÷2=90
小さい方の数を答えるときは
(和-差)÷2=小
 
 
3.和・・・240×2=480
差・・・150÷5=30

240×2=480
150÷5=30
(480+30)÷2=255
 
 
4.(1000+100)÷2=550

 
 
5.2000-1600=400
(2000+400)÷2=1200

6.図のように姉と妹の差の半分が200円です。

よって、最初の姉と妹の差は400円です。
200×2=400
(1860+400)÷2=1130
 
 
7.この問題は図のような関係になります。

全体から(30+60+30)を引くと、「1」=小が4つになります。
全体から余分な数を引いて4で割れば小の数になりますね。

460-(30+60+30)=340
340÷4=85
85+30=115
 
 
8.りんご1個とみかん1個の差が40円なので、5個ずつ買うと差が200円になります。

{700+40×5}÷10=90

とするか、図のようにみかんを「1」として、
{700-40×5}÷10=50
50+40=90
 
 
9.50-30=20
(460-50-20)÷3=130

 
 
10.1分間に2人が歩く距離の和は、650÷5=130(m)
1分間に2人が歩く距離の差は、200÷20=10(m)
(130+10)÷2=70

≫ 練習問題の解答を隠す

スポンサーリンク

-算数・数学, 一般常識

関連記事

鶴亀算 SPI対応 解き方を解説|無料練習問題付

<鶴亀算の例題> 鶴と亀が合わせて6匹いる。足の数の合計は16本であった。鶴と亀はそれぞれ何匹いるのか。※鶴は1羽、2羽と数えるがここでは匹とする。 確認・・・鶴の足の数は合計2本、亀の足の数は合計4 …

SPI 年齢算の練習問題|無料プリント付

SPI 年齢算の例題 <例題1> 今年、母は34歳で子供は8歳である。母の年齢が子供の年齢の3倍になるのは何年後か。 A 2年後 B 3年後 C 4年後 D 5年後 E 6年後 F 7年後 G 8年後 …

一般常識四字熟語レベル4無料練習問題

「一般常識四字熟語レベル4」は、高校卒業程度の問題ですが、応用レベルの四字熟語も含まれています。 PDFファイルはこちらです。>>>4idiom4.pdf     スポンサーリンク 一般常識四字熟語レ …

一般常識四字熟語レベル1無料練習問題

「一般常識四字熟語レベル1」は、高校卒業程度を念頭につくりました。 四字熟語は、読めて意味が言えることが重要です。     スポンサーリンク    一般常識四字熟語レベル1問題 1.次のカタカナを漢字 …

一般常識「漢字の書き」高卒レベル/2017年センター試験より

正解の番号を選ぶようになっていますので、なんとなく書ける程度、あるいは消去法で正解することができます。   しかし、正解でないものも含めて、全て書いてみましょう。     スポンサーリンク   【20 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。