パートタイム支援 新館

パートタイム・アルバイト・就活を支援するサイトです。

算数・数学 一般常識

一般常識「濃度算」の練習問題(高校生対応)

投稿日:2019年6月14日 更新日:

<例題1>食塩40gを120gの水に溶かすと何%の食塩水ができるか。

≫ 例題1の解答・解説を見る

答え:25%

食塩の濃度は次の式で求めます。

濃度(%)=食塩の量÷食塩水の量×100

分数にすると

ここで注意したいのは、食塩水は「食塩+水」であるということ。

よって

40÷(40+120)=25(%)

≫ 例題1の解答・解説を隠す

 
<例題2>5%の食塩水200g中の食塩の量は何gか。

≫ 例題2の解答・解説を見る

答え:10g

<例題1>の濃度の式より

食塩の量=食塩水の量×濃度(%)÷100

よって

200×5÷100=10(g)

通常は、5%=0.05なので、200×0.05=10 計算します。

≫ 例題2の解答・解説を隠す

 
<例題3>5%の食塩水300gと7%の食塩水200gを混ぜると何%の食塩水ができるか。

≫ 例題3の解答・解説を見る

答え:5.8%

食塩の量は、300×0.05+200×0.07=29(g)

食塩水の量は、300+200=500(g)

よって濃度は、29÷500×100=5.8(%)

≫ 例題3の解答・解説を隠す


ここまでが濃度算の基本問題です。

あとは、水だけ加える、水を蒸発させる、食塩を追加する、などの応用問題ですが、次の関係さえ理解していれば、一般常識に出てくる濃度算は解けます。

スポンサーリンク


 

「濃度算」の練習問題

高校生は1~7の問題ができればOK!
 
1.食塩30gを210gの水に溶かすと何%の食塩水ができるか。

  A 12.5% B 13.5% C 14.5% D 15.5% E 16.5%

 
2.8%の食塩水300g中の食塩の量は何gか。

  A 21g B 22g C 23g D 24g E 25g

 
3.6%の食塩水200gと12%の食塩水300gを混ぜると何%の食塩水ができるか。

  A 3.6% B 4.8% C 5.3% D 8.6% E 9.6%

 
4.5%の食塩水300gに200gの水を加えると何%の食塩水ができるか。

  A 2% B 3% C 4% D 4.5% E 5%

 
5.4%の食塩水500gがある。何gの水を蒸発させると5%の食塩水になるか。

  A 50g B 100g C 150g D 200g E 250g

 
6.4%の食塩水500gがある。これに食塩を何g加えると5%の食塩水になるか。

  A 2g B 3g C 4g D 5g E 10g

 
7.20gの食塩で8%の食塩水をつくりたい。何gの水に溶かせばよいか。

  A 160g B 200g C 230g D250g E 300g

 
8.8%の食塩水200gに別の食塩水250gを加えて混ぜると4%の食塩水になった。何%の食塩水を加えたのか。

  A 0.5% B 0.6% C 0.7% D 0.8% E 1%

 
9.Xの容器には10%の食塩水500gが入っている。Yの容器には食塩水200gが入っている。Xの容器から100gとってYの容器に入れたら6%の食塩水ができた。はじめにYの容器に入っていた食塩水は何%だったか。

  A 3% B 4% C 5% D 6% E 7%

 
10.50%の食塩水が100gある。ここから10g取り出して、かわりに水10gを入れた。よくかき混ぜてから、また10g取り出してかわりに水10gを入れた。今、食塩水の濃度は何%になっているか。

  A 40% B 40.5% C 50% D 60% E 60.5%

 
PDFファイルはこちら>>>noudozan.pdf

 

≫ 練習問題の解答・解説を見る

1.
30÷(210+30)×100=12.5(%)

2.
300×0.08=24(g)

3.
(200×0.06+300×0.12)÷(200+300)×100=9.6(%)

4.
食塩の量は、300×0.05=15(g)なので
15÷(300+200)×100=3(%)

5.
食塩の量は、500×0.04=20
20×0.05×100=100(g)

6.
元の食塩の量は、20g
5%の食塩水500gの食塩の量は、500×0.05=25(g)
25-20=5(g)

7.
20÷0.08=250
250-20=230(g)

8.
8%の食塩水200gの食塩の量は、200×0.08=16(g)
食塩水200gと食塩水250gを加えると、200+250=450(g)
4%の食塩水の食塩の量は、450×0.04=18(g)
18-16=2で、2gの食塩が加わったことになる。
食塩2g、食塩水250gの濃度は、2÷250×100=0.8(%)

9.
Xの容器100g中の食塩の量は、100×0.1=10(g)
Yの容器には10gの食塩と100gの食塩水が加わったことになる。
その結果、Yの容器の食塩の量は、(200+100)×0.06=18(g)になった。
Yの容器の元の食塩の量は、18-10=8(g)
元のYの容器の濃度は、8÷200×100=4(%)

10.
元の食塩の量は、100×0.5=50(g)
1回目で、10×0.5=5(g)の食塩が取り出された。
かわりに水10gを入れたので、食塩水の濃度は、
(50-5)÷100×100=45(%)
2回目で、10×0.45=4.5(g)の食塩が取り出された。
かわりに水10gを入れたので、食塩水の濃度は、
(45-4.5)÷100×100=40.5(%)

スポンサーリンク

≫ 練習問題の解答・解説を隠す

スポンサーリンク

-算数・数学, 一般常識
-, , , ,

関連記事

【一般常識】漢字の対義語・反対語一覧

    スポンサーリンク   愛護 虐待 愛好 嫌悪 曖昧 明瞭 明確 赤字 黒字 悪筆 達筆 能筆 圧勝 惨敗 完敗 暗黒 光明 遺失 拾得 取得 異常 正常 異性 同性 偉大 凡庸 卑小 雨季 乾 …

SPI「損益算」就職試験に出る数学(高校生対応)

<損益算に出てくる用語> 原価:商品を仕入れた値段、仕入れ値、元値、仕入れ原価 定価:原価に利益を加えた価格 売価:実際に売る時の価格、売り値、販売価格 利益:もうけの金額 1割=10%=0.1 1分 …

一般常識「漢字の書き」公立高校入試レベル(5)

「一般常識 漢字の書き 公立高校入試レベル(5)」です。 一応これで一般常識の漢字の書き取り(公立高校入試レベル)は終わりです。 これまでの正解率はどれくらいでしょうか? 現役の生徒・学生の方なら簡単 …

一般常識「漢字の書き」公立高校入試レベル(4)

一般常識「漢字の書き」公立高校入試レベル(4)です。 これで120字の漢字の書き取りを出題したことになります。 あと一つ作る予定にしています。 公立高校入試レベルですが、ごく易しい書き取りは省略してい …

試験に出るアルファベットの略語の日本語名称

  ☆印は高校生の就職試験に出やすい略語です。   AFTAアフタアセアン自由貿易圏 ☆ASAEANアセアン東南アジア諸国連合 ☆AIDSエイズ後天性免疫不全症候群 ☆APECエーペックアジア太平洋経 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。